ホーム > 演奏依頼

演奏依頼

芸術鑑賞事業・教育関係者、イベント主催者の皆様へ

演奏のご相談やご依頼は、株式会社ヒトココチまでご連絡ください。主に劇場における一般対象の芸術鑑賞事業、体育館における小中学生向け芸術鑑賞教室、および各種イベント等における演奏を承っています。会場規模と設備、対象年齢と人数、開催地によりお見積もりをいたしますので、まずはお問い合わせください。 写真やプロフィール等の宣伝材料は、データにてご支給いたします(本ウェブサイトの素材の無断複製はご遠慮ください)。また、検討の際の資料として、簡単な紙資料やサンプルDVDもご用意できますので、こちらもお気軽にご請求ください。

お問い合わせはこちら


[ムービー:ひのき屋公演内容について]

 

チェンジザワールドツアー

【企画意図・目的】 優れた音楽公演の鑑賞を通じて、人と「出会う」機会をつくるとともに、夢とつながり、そして「変化」をもたらすこと。

  • 喜怒哀楽の「喜」に特化した、ユニークな公演内容。
  • メンバーとのこころ温まる交流。ひのき屋の感動をご一緒に。

ひのき屋は1998年の結成以来、世界16の国と地域で公演を行い、聴衆を魅了し続けています。ひのき屋の曲は、道民の翼・AIR DOの機内放送などにも採用され、NHKほか各メディアにも定期的に取り上げられています。また、「はこだて国際民俗芸術祭」の企画といった、地域での活動が評価され、北海道新聞社・第8回「北のみらい奨励賞」を受賞しています。

詳しくはこちら

 

 

わいわい音楽隊

【企画意図・目的】 優れた音楽公演の鑑賞と体験活動を通じて、和楽器に対する興味関心を育てるとおもに、世界に数ある異文化に対する理解を深めます。

  • 音楽のたのしさを伝えるひのき屋の公演
  • 出会いから生まれる感動ー校内がひとつになる瞬間

ひのき屋は、これまで小中学生を対象とした「巡回小劇場」や、子ども劇場・おやこ劇場、そして保育園・幼稚園において公演を行い、子どもたちの心をつかみ続けてきました。また、地元函館においては「わいわいファミリー音楽祭」を企画し、ブラスバンドと伝統楽器による横断的な共演を行うなど、子どもたちがほんとうに「たのしい」と思うような音楽活動を行ってきました。

詳しくはこちら

 

上に戻る


ひのき屋
1998年に函館が生んだ「トラベリングバンド」。主なメンバーはソガ直人、しまだめぐみ、雨宮牧子、ワタナベヒロシの4人。旅人としての心象風景を、篠笛の息づかい、太鼓の振動、そしてギターの音色を中心に表現します。

アジアと西洋、過去と未来。時空を自由に行き来するひのき屋。彼らは、人々の冷え切ったこころを熱くします。個々の音がひとつに響く、伝統とオリジナルのジャパニーズ・ワールドミュージック。永遠の旅人・ひのき屋の物語は、行く先々でうねりとなって、世界を変えていきます。アジアも、ヨーロッパも、イスラムも。旅がつづく限り、僕たちは変わり続ける。代表曲は「プラタナスの樹」「足踏みダンス」。北海道新聞社・第8回「北のみらい奨励賞」受賞。