ホーム > ライブ情報 > オープニングライブツアー「マオリとヒノキヤ」

オープニングライブツアー「マオリとヒノキヤ」

6/1(水)から6/5(日)にかけて、芸術祭オープニングライブツアー「マオリとヒノキヤ」を、八雲町、函館市、その他の会場で開催します。

ニュージーランド・マオリの民俗芸術団体「イマヌエラ」が、クライストチャーチから初来日します!彼らは世界に認められたマオリの踊り「ハカ」のほか、数々の民俗舞踊や歌唱を披露してくれます。ひのき屋はもちろんのこと、彼らのエネルギッシュで魂のこもったパフォーマンスに乞うご期待!

マオリのハカ(カマテ)は、ニュージーランドのラグビーチーム・オールブラックスが試合前に踊ることで有名です。 足を踏みならし、自らの身体を叩くことで相手を威嚇し、自らの力を誇示します。 踊りながら叫んでいる「カマテ!カマテ!」「カオラ!カオラ!」というのは、「私は死ぬ!」「私は生きる!」という意味で、本来は戦闘の前に踊られていましたが、現在では、様々な儀式の前で踊られます。 今回の「マオリとヒノキヤ」では、本物のハカはもちろん、棒術の武器「タイアハ」を用いた舞踊も楽しめます♪

マオリが住むニュージーランドと、ひのき屋が住む日本は、ともにいま困難な状況にあります。 2月にはクライストチャーチに大地震が襲い、3月には私たち日本が東日本大震災を経験しました。 大きな被害にもかかわらず、マオリのメンバーはこのツアーへの参加を決意してくれました。 こうした困難なときにこそ、人々が集まり、悲しみを分かち合って、勇気を倍増させることが必要だと思っています。 お互いが直接顔を合わせ、文化をたたえ合い、そして、共に復興への烽火(のろし)をあげましょう!

ツアー最終日の6/5(日)函館市民会館においては、8月のはこだて国際民俗芸術祭の「市民スポンサーパス」の販売と、「出演アーティスト」の発表も行います。こちらもぜひ、お楽しみに。

たくさんの方々のご来場を、ひのき屋一同こころよりお待ちしております!

フライヤー:オモテ/ウラ

タイトル オープニングライブツアー「マオリとヒノキヤ」
日時

■日程
-6/1(水)芸術祭OLT 八雲公演(八雲町民センター・大集会室)
-6/2(木)芸術祭OLT 鹿部公演
-6/5(日)芸術祭OLT 函館公演(函館市民会館・大ホール)

下記、八雲・函館公演についての詳細記載

八雲公演
◎日時 6/1(水)開場18:00 開演18:30
◎出演 イマヌエラ、ひのき屋
◎会場 八雲町民センター・大集会室(出雲町60-13)
◎料金 前売一般2,000円、小~高校生1,000円 ※当日券は各500円増し ※未就学児無料
◎取扱 ローソンチケット(Lコード15799)、ミュージック館、焼肉みよし、ほか
◎主催等 「マオリとヒノキヤ」八雲公演実行委員会
◎問合せ ヒトココチ 0138-51-5727
函館公演
◎日時 6/5(日)開場18:00 開演18:30
◎出演 イマヌエラ、ひのき屋
◎会場 函館市民会館・大ホール(湯川町1-32-1)
◎料金 前売一般2,000円、中~大学生1,000円 ※当日券は各500円増し ※小学生以下無料
◎取扱 ローソンチケット(Lコード15592)、函館市民会館、函館市芸術ホール、ほか
◎主催等 一般社団法人WMDF、WMDF特別公演実行委員会
◎問合せ ヒトココチ 0138-51-5727


2011年4月21日amemiya@10:32 AM

←[古い]    [新しい]→

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive