ホーム > ひのき屋日記 > ひのき屋旅日記 道東編(2)

ひのき屋旅日記 道東編(2)

白糠から通称「まりも国道」を走り約3時間。網走に到着。僕たちを最初に迎えてくれたのは「網走湖」。網走湖は摩周湖や阿寒湖ほど有名ではないが、意外にデカイ!網走駅前のファミリーレストランに入ると高校時代の友人に遭遇。しかも彼は今函館にいて、たまたま仕事で網走に来ているという・・・。僕にはよくある偶然。とりあえずライブに誘っておいた。


10月6日(木)
網走での宿泊はソガがお気に入りの安宿。「昭和」を感じさせる古びた宿。宿主さんも実に「昭和」な感じだ。旅人が泊まるような宿なのだが、どうやらひのき屋はVIP待遇のようで、それぞれに個室が与えられた。宿主さんが僕の部屋にポータブルのストーブを持ってきてくれた。「灯油は2日分、2リットル入ってます。」にはウケた。原油価格高騰の影響はここにも出ているようだ。
さて、この日は今回の網走ライブ実現に奔走してくれたイノウエさんと昼間から焼肉。小高い丘の上のコテージで、なんとも贅沢な時間を過ごした。そしてここはオホーツク。やはり「かに」がうまい!ビールもバンバンはかどる!いい感じで酔いどれてから宿で一休み。夜は網走ライブで共演するイノマタさんとの音合わせ。イノマタさんは常呂町の「かき島太鼓」の和太鼓奏者だが、今回はドラムにて共演してもらう。ドラムの音にあおられてテンションも上がる。ライブ本番ではもっともっとあおっていただこう!
そしてライブは本番を迎える。
 


2005年10月7日admin@8:05 AM

←[古い]    [新しい]→

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive