ホーム > ひのき屋日記 > 旅の終わりにシングルルームとは贅沢なことだ。

旅の終わりにシングルルームとは贅沢なことだ。

先週の石巻に始まり、宮戸、仙台、興部と続いた旅も、ここ黒松内でやっと終了。どっと疲れが出たが、昨夜はぐっすり眠れた。ケンコバとコンビを組む夢を見た。#hinokiya



2012年3月23日ワタナベヒロシ@7:21 AM

←[古い]    [新しい]→

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive