ホーム > ひのき屋日記 > 函館な日々

函館な日々

長いツアーを終えて函館に戻って来ております。
気温さにカラダがついていかず、寒さがこたえます(>__<)

とは言え、よいことも。
空気は澄んで、夜景もキレイ。
そして、、、ごはんがうまい!
ほんと北海道っていいなーって思える季節であります。

昨日からは、函館クリスマスファンタジーがはじまりました。
事務所からは、手のひらサイズの花火がたのしめます。フフフ。
毎日18:00から点灯式があり花火もあがります。
寒いけど、なかなかキレイですよ。
芸術祭のケータリングでおなじみのイソヤデリさんがスープバーを出店してます。
あったかいスープでも飲みながらぜひ一度。

ひのき屋は、火曜日は黒松内に日帰りで。
中学生への音楽会。
この間の森中も、なかなかシャイな感じでしたが、終わったあとに廊下ですれ違うとみんなニヤニヤ。

「ひのき屋最高!」

ソガさんを横目に
「かっけぇー(かっこいい )」

などなど、とっても可愛かったなー。

そして木曜日は、イタリアンディナーショー。
どんなライブになるのか、いまからたのしみ♪

そして、そして、「さんきゅうライブ」!

いろいろと目白押しの12月。

久々の函館で、たくさんの方にお会いできるのを、メンバー一同たのしみにしております!

でわ、また!



2011年12月2日しまだめぐみ@5:01 PM

←[古い]    [新しい]→

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive