電子ひのきばやしの最新号(Vol.126)が出ました。(2012年3月13日)

今回のひのきばやしは、ワタナベヒロシのショートエッセイ。

*電子ひのきばやしは、不定期発行。この機会にメールマガジンにぜひ登録を。
ひのきばやしを毎回ご覧になりたい方→購読手続きはこちらから

電子ひのきばやし

電子ひのきばやし 2012年3月9日 vol.126

■もくじ

  • 01 しまだめぐみの日々のあれこれ
  • 02 ナベちゃんのショートエッセイ
  • 03 ひのき屋・ライブ情報

01[しまだめぐみの日々のあれこれ]

なんとな~く春の気配♪
函館は雪どけの季節を迎えております。今年は雪の量がハンパなかったので、とけるのも遅い!
うちの自宅の駐車場もひどいありさまで、あちこちに雪山と轍が。それが昨日の雨でとけてべしゃべしゃに。
今朝なんて車がはまってしまい、ひとりでしばし立ち往生(T_T)家とすぐ目と鼻の先で動けなくなるなんてすんご~く情けない感じです。ハー、動いてよかった!
事務所のまわりもひどくって、先ほどは、通りがかりの方からSOS!ナベちゃんが救出にでかけて行きました。やれやれ…。
それでもなんでも、春の気配はやっぱり断然うれしいもの。
わたくしの冬眠生活も終わりは近い!?
春はもうそこまで…来てるのかな~…。

02[ナベちゃんのショートエッセイ「今年はおそらくlast year!」]

ひのき屋トラック
※写真は「元気な頃の」ガッツ

別にひのき屋が終わるわけではない。ひのき屋の音楽と想いを詰め込み、日本中を走ったひのき屋のトラック「ガッツ」のことだ。ひのき屋のもとにやってきて十数年。年々ガタが来ていることは感じていたが、この冬、一気にあちこちが壊れた。年に一度の車検も巨額な見積もりが上がってきて、こりゃあいよいよ覚悟を決めねばなるまい、といったところだ。とりあえず今回の車検は上げるが、次の冬が来る頃には「あばよ!」ということになりそうだ。
ガッツには数々の思い出がある。中でも目に焼きついているのは初期の頃からひのき屋を見守ってくれている旭川のB子さんのこと。軽ワゴンを連ねて全国を回っていた時代を知っているB子さんにとって、トラックは「成長」の象徴だったのだろう。「トラック買ったんすよー!」と見せに行ったとき、B子さんはうっすら涙を浮かべてトラックを見上げてたのを思い出す。
あれから十数年…。北海道はもちろん、九州にも、四国にも行った。手売島には4日間も閉じ込められた。長距離フェリーで大荒れの日本海を漂流したりもした。そんな思い出深いガッツとの旅も終わりが見えて来た。さあて、last yearはどんな旅が待っているか。楽しみである。

03[ひのき屋・ライブ情報]

冬のあいだ、力を入れて準備を進めてきた「わいわいファミリー音楽祭」が無事に終演しました。毎度毎度のことながら、保育園児から小・中学生に大人まで一緒になってつくるコンサートはほんといいものです。今年は中学生たちと一緒にサンバにチャレンジできたのもよかった!ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました~♪客席のあったかさはほんとピカイチです!
そして、3月のあたまには、まだまだ雪の残る中、はじめて滝上町に行って参りました。子ども園での演奏。1泊のみの単独強行スケジュールでしたが、なんと片道7時間!近い!(!?)帰りに流氷を見ようと紋別に寄ったのですが、沖合にうっすら見えるだけ。残念(T_T)興部ライブでリベンジです!

函館・みなみ北海道グルメパーク in 仙台

◆函館・みなみ北海道グルメパーク in 仙台 ひのき屋ステージイベント
日時:3/17(土)10:00~16:00 ※ひのき屋は12:00頃予定
会場:仙台市勾当台公園市民広場(宮城県仙台市青葉区本町3丁目)
主催・問合:実行委員会 0138-21-3499

ひのき屋・トラベリングバンド ライブ in おこっぺ

◆ひのき屋・トラベリングバンド ライブ in おこっぺ
日時:3/20(火・春分の日) 開場14:30 開演15:00
会場:開基百年記念・興部町総合センター(紋別郡興部町栄町)
出演:ひのき屋
料金:前売高校生以上1,000円、当日1,500円、中学生以下無料
取扱:興部町文化連盟所属団体、興部町中央公民館、ほか
主催:オホーツク・おこっぺ芸術劇場実行委員会
問合:事務局 0158-82-2552(興部町教育委員会社会教育課内)

φ(‥) 電電語録byふくだたくま:押しつ押されつ、北国の春。ただし、ガソリン高だけは、どうにもこうにも。
★次号もお楽しみに★
:購読解除はhttp://www.hitococochi.jp/bye/へアクセス。
:個人情報取扱ポリシーはhttp://www.hitococochi.jp/privacy/で公開しています。
[電子ひのきばやし]不定期発行・無料
:ひのき屋ウェブサイト http://www.hinokiya.com
[提供]電子ひのきばやしは、株式会社富士サルベージの提供でお届けしました。
:発行 株式会社ヒトココチ|〒041-0833 函館市陣川町52-1 T.0138-51-5727|編集人 ふくだたくま
0_staff@1:48 AM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive