シカに注意!(2009年10月27日)

北海道内を車移動していますと、実に色んな動物が車の前を横切り、ヒヤッとさせられます。街なかでは犬や猫。海岸線、特に日本海側の寿都あたりではカモメ。山道では野鼠やら北キツネやら・・・。中でも一番ヒヤッとさせられるのはシカです。シカとぶつかって車が大破、なんてことは北海道では時折聞く話です。シカは一頭出てくるとそのあと立て続けに何頭か連なってくる場合が多いので、夜道でシカが飛び出してきたらしばらくハラハラが続きます。先日も夜遅くに山道の移動がありました。ハラハラしながらの運転を終えやっとホテルに着いたかと思ったら、ホテルの玄関には「隣接するパークゴルフ場で熊の足跡が発見されました。ご注意下さい。」という張り紙。北海道は自然がいっぱい!と実感させられた夜でした。

ワタナベヒロシ@11:29 PM

染みる。(2009年10月25日)

染みる。
染みる。
染みる。
今日は『八代亜紀』が心に染みる。
移動途中。
八代亜紀の動画を
ずっと見ている私である。

ワタナベヒロシ@8:35 PM

そして私は、裸足で冬を待ち構えている。(2009年10月22日)

いつも以上にツアーが立て込んでいる今年。函館を発ち、長万部から黒松内、寿都、岩内をぬけて小樽から高速に。いったい何度この道を通りゃいいのだ、と、さすがに思ってしまいました。車窓から外を眺めると、あちらこちらで漬物用の大根が干され始めました。冬の始めの風物詩です。季節は秋を駆け抜けて、ぼちぼち冬がやって来ます。そして私はいつものように、裸足にサンダルの出で立ちで、冬を待ち構えているのです。

ワタナベヒロシ@4:50 PM

星を見上げて。(2009年10月19日)

池田町でのライブの打ち上げのあと、見上げた空は満天の星。メンバーはまるで青春みたいにみんなで空を見上げ『あれはナンタラ流星群だ』だの『あれはナントカ星だ』だの。それでも私にはどれがどれだかさっぱりわからず。ホラ、あれだよ、と指を指されたところで、その指の延長線上にはただ無数の星が広がるばかり。いったいどれを指しているのやら?
『星なんてみんなでウンチクたれながら見るもんじゃねぇ!一人で沸き上がる感情と共に見るもんだ!』
などと言い訳めいたことを思いながら、一人コテージへ戻る。結局、一人で静かに星を見上げることもなく、打ち上げでワイン漬けになった身体をベッドに沈める私なのだった。

ワタナベヒロシ@11:24 PM

日本海沿岸走行中!(2009年10月13日)

さてさて、本日よりまた旅です。明日は旭川の保育園での演奏があります。明日は夕方からの演奏なのでワゴン車組は明日の早朝出発するようですが、トラック組は足が遅いので今日のうちに出発しました。只今日本海沿岸を走行中。綺麗なサンセットが広がってます!

ワタナベヒロシ@4:38 PM

一週間、函館にいる。(2009年10月8日)

4日の深夜(正確には日付が変わって5日の深夜)に青森から帰ってきて、今週一週間は函館にいます。一週間も函館にいるなんていつ以来?8月下旬からびっしり旅続きでした。芸術祭期間中も家に帰っても寝るだけだったり、その前はヨーロッパに行っていたり・・・。まともに自宅で一週間も過ごすのはホントに久しぶりです。外は台風の影響で、まだ荒れてはいないものの朝から雨降り。こんな日は一日、家でげんなりしていたいところですが、そうもしていられず、これから出かけます。

ワタナベヒロシ@12:58 AM

再会。(2009年10月5日)

仕事とか結婚とかで函館、もしくは北海道を離れたひのき屋ファンの人が、街中で不意にひのき屋のポスターを見かけたら、そりゃ嬉しいだろうなーと思いましてね。先日の青森・おいらせでのライブに、そんな方が駆け付けてくれました。こんな再会もあるんだなーと思うと、改めてもっともっと色んな街に行って、色んな出会いと再会を続けていきたいなーと思いました。

ワタナベヒロシ@2:39 PM

秋模様。(2009年10月1日)

函館からトラックを走らせ約9時間。同じ北海道の遠軽町に来ています。年中こうして旅をしているわけですが、私はこの時期の北海道の移動が格別に好きです。季節を追いかけているみたい、とでもいうのでしょうか。北へ行くたびに秋色が濃くなるわけですが、途中、秋色と秋になりきれない色が混雑した、なんともまばらな山々があったりして、私はその不揃い加減がたまらなく好きだったりするのです。人間社会でもこの時期はすでにジャンパーを着ている人がいるかと思えば、まだTシャツだったりサンダルだったりする人もいるみたいな。自然界でも似たようなものなのかな、と思うとなんだか可笑しくなります。ちょいと耳をすませば『いつまでその格好なの?』とか『まだその格好は早いんじゃない?』とかいう木々の会話が聞こえるんじゃないか、なんてことを思ったりするのは、やっぱり秋だからでしょうか。

ワタナベヒロシ@7:47 AM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive