ポラロイズのススメ(2009年5月29日)

 函館市芸術ホールでのオープニングライブツアー初日。終了しました。「はこだて国際民俗芸術祭」を待ち焦がれるたくさんの人が会場に駆けつけ、ライブを盛り上げてくれました。ステージはもちろん、楽屋裏でのアーティスト同士の交流から、面白い旅が始まる予感をさせる一日となりました。
 さて、ツアー団はこのあと青森へ渡りますが、再び北海道に戻ってくると今度は道南・今金町でのライブとなります。今金町は「いまかねポラロイズ」という、町を盛り上げていこうと結成された若者集団が主催となります。実はこの「いまかねポラロイズ」。今回のライブが初めてのイベント企画とのこと。まさに絶好のタイミングで今回の実行委員長に出会い、トントン拍子でライブが実現しました。きっとこのライブをキッカケに、今金の町に新しい渦が巻き起こることでしょう。今金町のみなさま、そして周辺の町のみなさま。ライブはもちろんですが、この「いまかねポラロイズ」誕生の歴史的瞬間を見届けにいらして下さい!そしてこの渦に巻き込まれながら、道南の町をもっともっと盛り上げて行きましょう!
 ちなみに今金町のとなりに、わが故郷・八雲町があります。
[はこだて国際民俗芸術祭キャンペーンライブ in 今金]
:日時 ’09/06/02(火)開場 18:30 開演 19:00
:会場 北海道瀬棚郡:今金町町民センター(今金町字今金68)
:出演 ひのき屋、冬華、チ・ブルグット&美炎
:料金 一般2,000円 学生(小~高校生)1,000円(未就学児無料) ※当日各500円増。
:前売 美容室シュプール、八千よ、ぽんゆう、たてだ楽器、大志堂今金店、他町内取扱店
:主催 イマカネポラロイズ
:問合先 池田セイヤ 090-2641-6944

ワタナベヒロシ@5:47 AM

LONG NOW のススメ(2009年5月27日)

 「はこだて国際民俗芸術祭」オープニングライブツアー初日がいよいよ明日となりました。「LONG NOW」をテーマに掲げた、文字通り長いフェスティバルが、いよいよ明日を皮切りにスタートします。スタートはもちろん地元・函館の芸術ホール。しかも芸術ホールのライブは、すでに発売が始まっている「市民スポンサーパス」の特典のひとつとなっていて、パスを提示すると無料で入場できるというライブです。(※芸術ホール以外のツアー会場は別途チケットの購入が必要です。)すでにスポンサーパスは芸術ホールを満席にするほど出回っています。明日のライブにご来場いただくお客さんのほとんどは「はこだて国際民俗芸術祭」のスポンサーです。明日は8月のフェスティバルに向けた総決起集会ともいうべく熱いライブを、お客さんと一緒に作っていけたらと思います。
日時:5/28(木)開場18:30 開演19:00
会場:函館市芸術ホール(五稜郭町37-8)
出演:ひのき屋、冬華《トンファ》(台湾)、チ・ブルグッド(モンゴル)
料金:前売券2,000円、当日券2,500円
プレイガイド:ローソンチケット(L-17419)※「市民スポンサー・パス」をお求めください。
主催:はこだて国際民俗芸術祭組織委員会
問合先:ヒトココチ・0138-51-5727
※市民スポンサーパス(2000円)提示の方は無料でご入場いただけます。

ワタナベヒロシ@11:53 PM

アオモリのススメ(2009年5月23日)

青森の街がとっても好きです。なんと言いますか・・・とっても肌に合うんです。何よりもそこでいい出会いがたくさんあったからだと思います。函館と青森は「海を挟んだあっちとこっち」でありますが、JRに乗るとほんの2時間でついてしまいます。街同士でももっと交流を深めよう!という動きはありますが、私もそれには大賛成です!いつか「国際民俗芸術祭」を函館と青森で同時開催し、函館~青森間を「芸術祭列車」(例えば海外アーティストと交流できる車両がある列車)や「芸術祭フェリー」(例えばタイタニックのようにダンスパーティーが繰り広げられる豪華客船)などが走ったらいいなーなどと思っています。そんなわけでオープニングライブツアー・青森会場のお知らせです。日曜の午後のライブです。青森の方はもちろん、函館の方も小旅行気分でどうぞいらして下さい。ちなみに、私は駅前通り沿いにある「パサージュ広場」がとってもお気に入りです。ヨーロッパのオープンカフェを思い出しつつ、パサージュ広場でビールを飲むのが私の青森の楽しみ方です。函館からも日帰りでお楽しみいただけますよ。(JRでは往復5500円の割引切符があります。)
日時:5/31(日)開場14:30 開演15:00
会場:青森市ラビナホール(柳川1-2-3 ラビナ5F)
出演:ひのき屋、冬華《トンファ》(台湾)、チ・ブルグッド(モンゴル)、津軽遊座楽(青森)
料金:前売券2,000円、当日券2,500円
プレイガイド:ローソンチケット(L-22706)
主催:はこだて国際民俗芸術祭組織委員会
問合先:ヒトココチ・0138-51-5727

ワタナベヒロシ@8:04 AM

温泉ライブのススメ(2009年5月19日)

 ここ数日は暴風が吹きすさぶ函館ですが、今日は暖かい一日でした。ひのき屋は今年度最初のツアーとなる「はこだて国際民俗芸術祭 オープニングライブツアー」に向けて、わなわなと準備を進めています。オープニングライブツアーについて少しずつ紹介していきたいと思います。まずはいきなり最終日。ツアーの中でも異色な「南かやべ・ひろめ荘」のご紹介から。「ひろめ荘」は函館市内から車で約1時間。旧南茅部町にある温泉宿です。ここの温泉がとってもいいんです!乳白色でキョーレツに硫黄の香りが漂うお湯。こりゃ間違いなく疲れが取れるでしょ、といった感じ。オープニングライブ最終日はこの温泉宿の大広間でのライブとなります。出演はにひのき屋(函館)、チ・ブルグット&美炎(モンゴル・東京)、パーカッション・ユナイツ(ケニア・セネガル)。函館市内の方も、ちょっと離れた街の方も、休日のお楽しみにぜひ車を走らせて遊びにいらして下さい。なお、入場券には温泉入浴料も含まれています。
日時:6月7日(日)第1部・開演13:00 第2部・開演15:00
会場:南かやべ・ひろめ荘(函館市大船町832-2)
出演:チ・ブルグット&美炎、パーカッション・ユナイツ、ひのき屋(1部・2部共通)
チケット取扱・主催・お問い合わせ: 南かやべ・ひろめ荘 0138-25-6111
共催:はこだて国際民俗芸術祭組織委員会
料金詳細:
第1部・2部通し券(前売のみ)一般3,500円 小学生1,500円(未就学児無料)
第1部・2部各当日券:一般2,000円 小学生1,000円(未就学児無料)

ワタナベヒロシ@5:10 PM

あっという間に…(2009年5月7日)

2_2009050700185400-20090001.jpg2_2009050700185401-20090506.jpg2_2009050700185402-20090505.jpgGwも今日でおしまい。今年は連日お天気に恵まれて4日とも演奏できました♪
おかげでみんなほんとに真っ黒!わたしも必死に日焼け止めを塗ったのですが、見事にほっぺがこんがりと…
たいこの面は白いので、太陽を反射してまぶしいのなんのって、目をつぶりながら演奏してました**
でもほんと今年もたくさんの出会いと再会にめぐまれた4日間でした。
行く先々で函館をアピールしているわたしたちですけど、金森で演奏していると「〇〇で観たんですよ」と声をかけていただくことも多くて、そんな再会はほんとうにうれしいんですよねー。
逆にこちらの旅先で「金森で観たんですよ」と声をかけていただくこともあるし。
そんな交流と屋外の気持ちよさ♪まだまだこの恒例行事は辞められそうにありません!
昨日の最終日、あまりに天気が良いのでお手伝いいただいた芸術祭スタッフメンバーとしまだ・雨宮とで海へクルーズへ!15分で函館湾を一周するコースなのですが、ほんと気持ちよかった!最高です!不思議なもので乗り物は大の苦手のわたしなのですが、きわどい旋回には全然平気だったのに(もちろんキャーキャーと騒いではいましたが!)ゆっくり真っ直ぐ走っているときほど酔いそうになるようでして…
だけど、そんなことも忘れるくらいの爽快感でした♪
毎年一気に春から夏に突入するGWですが、今年はいつも以上に慌ただしく過ぎ去った気がします。五稜郭の桜も3日に満開になったと思ったら5日にはかなり散ってしまっていて…。ほんと残念!
函館は例年、連休後はたいてい寒くなるようです。今日も天気はよかったけれど、風はかなり冷たかった。風邪などひかないように体調に気をつけなければ!
連休を満喫したみなさまも、ぜひぜひお身体お大事に♪

ワタナベヒロシ@12:14 AM

金森大道芸(2009年5月4日)

ゴールデンウィーク恒例の「金森大道芸」が連日続いています。全国からたくさんの人が函館を訪れていて、たまたまどこかの街でひのき屋を見てくれた人が声を掛けてくれたりしてうれしくなります。ひのき屋にとってもこの金森大道芸を皮切りに本格的に活動開始!といった感じ。私などはそこで演奏しつつ「今年はどんな風に自分を扱おうか」などと考えています。本日は3日目。風は強くて冷たいけれど、天気には恵まれています。お時間のある方はどうぞ金森へ!

ワタナベヒロシ@10:01 AM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive


Warning: file_get_contents(http://api.hakolab.net/mobile_ip_check/?ip=54.227.127.109): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/sites/heteml/users/h/i/t/hitococochi/web/html_hinokiya/news/wp-content/themes/classic/footer.php on line 56