フリーステージ最終日!(2008年8月23日)

 芸術祭期間中はまめに更新するぞ!と意気込んではみたものの、いざスタートしてしまえば食事をとるのもままならない状況が続いております。何もお伝え出来ないまま本日フリーステージ最終日を迎えます。明日の市民会館での公演を終えるとこのフェスティバルも終了です。(実際には明後日、函館市内の某高校で何グループかのパフォーマンスがあるのですが。)
 実際にフェスティバルの状況がどうかといえば、日を追うごとにお客さんの数は増え、相当すごいことになっています。誰もが口にするのは「こんなに壮大な規模のイベントだとは思わなかった」「函館でこんなフェスティバルが出来るとは思わなかった」「民俗音楽っていうのがこんなに面白いものだとは思わなかった」ということ。まさに我々の目論見どおりというか、伝えたかったことが確かに伝わってると思いました。昨日はひのき屋も初めて芸術祭のステージに立ちました。感動です。お客さんがみんなとってもあたたかい拍手をくれます。ステージ前ではインドネシアの人たちと我々の仲間たちが踊っています。たいこを教えている子どもも踊っています。「そう、これがやりたかったのだ!」と強く思いながらステージに立っていました。
 ひのき屋は今日もステージがあります。フェスティバルが始まってからの函館は異常に寒いです。にもかかわらず、昨日は1000人くらいの人(それ以上?)が最後までステージを見ていてくれました。今日も熱いステージをやるぞ!!!

admin@9:09 AM

少雨決行とは言うけれど・・・(2008年8月20日)

 8月20日。元町公園フリーステージ初日!
・・・雨です。8月には言ってから不気味なほどに晴れが続いていましたが、この日に限って雨となってしまいました。メインステージは「少雨決行」とはうたっていますが、決行できないほどの雨が降った場合、会場は「まちづくりセンター」になります。1Fフロア、2F多目的スペースの2ヶ所を使ってのパフォーマンス。もちろんメインステージはとてもいいロケーションなのですが、まちづくりセンターでのパフォーマンスも実は侮れません。本当に目の前で各国のパフォーマンスを感じることが出来ます。相当興奮します!今日の会場がどちらになるかの判断は昼過ぎになりますが、どちらにしても興奮絶頂となることは間違いありません。ぜひこの歴史的イベントの初日に足をお運び下さい。まずは芸術祭ホームページの速報をお待ち下さい。

admin@9:27 AM

国際交流!(2008年8月19日)

 本日、すでに函館入りしているニウエ、韓国、インドネシアを歓迎するレセプションを行いました。レセプションといっても最初に鏡割りをした以外は好きに飲み食いをして勝手に交流するというもの。でもこれがとっても楽しいのであります。最初はややぎこちなく自分たちの仲間同士で話していた参加者も時が経つにつれて徐々に和んでいって、なんだか大盛り上がりのレセプションになりました。こちら側のスタッフもおのおのに各国の輪に入っていたようです。そうです。各国のステージパフォーマンスはもちろんですが、このフェスティバルを通してたくさんの人に経験してもらいたいのはこういう瞬間なのです!それぞれに盛り上がっているスタッフを見て、今回のフェスティバルの目的の半分はすでに達成したんじゃないかと思っている私なのです。

admin@11:28 PM

ニウエ・ワークショップ(2008年8月18日)

ニウエ、期待通りやってくれます!めちゃめちゃ楽しいワークショップでした。会場のまちづくりセンターがぶっ壊れそうでした。これから始まるフェスティバルが如何に凄いものかを感じさせるワークショップでした。はこだて国際民俗芸術祭。見逃しては絶対損ですぜ!

admin@5:16 PM

ニウエと酒盛り。

スタッフ数名で空港に出迎えに行きながらも『ホントに来るのか?』と、実際に目にするまでみんな半信半疑でした。そして、彼らはやってきました。
昨夜、私は彼らと同じ宿舎に宿泊しました。彼らは宿舎にある体育館でバスケや卓球に励み、その後はずーっとトランプをやっていました。みんな紳士です!身体はデカいですが、思ったほど食べません。酒も思ったほど飲みません。私が『酒買いに行こうぜー!』というと『オレたちはトランプをやってるから買ってきてくれ』とおカネをくれました。

admin@1:09 PM

祭りのはじまり(2008年8月17日)

本日17日。『はこだて国際民俗芸術祭』に参加するニウエのグループが函館に到着します。ニウエを皮切りに参加グループが続々と函館入りします。只今私はニウエの人たちを迎えるため、函館空港に来ています。昨年から準備を進めてきたフェスティバルがいよいよ始まります。国内海外問わず、各地でひのき屋を招いてくれる人たちはこんな気持ちで迎えてくれてるんだなーと思うと、なんだかぐっとこみあげてきてしまいます。

admin@12:10 AM

はこだて国際民俗芸術祭(2008年8月6日)

 「旅便り」の更新が滞っているということは、あまり旅に出ていないということです・・・。だからといって函館でのほほんと過ごしているわけではなく、只今「はこだて国際民俗芸術祭」の準備にひたすら追われているといった状況なのです。なんといってもひのき屋が海外で参加させていただいているような壮大なフェスティバルを自分たちがやってしまおう、というので大変です。すべて手探りで準備を進めてきました。そして本番まであと2週間。楽しみな気持ちと不安な気持ちでいっぱいですが、2週間後には海外から約150人の人たちが函館にやってきて連夜の熱いステージが繰り広げられます。函館の方、近郊の方、そして遠方の方も。ぜひぜひ期間中の函館に遊びに来て下さいませ!

admin@10:11 AM

旭川にて(2008年8月1日)

2008080121234000-20080801.jpgおひさしぶりです!
毎日毎日芸術祭の準備に終われる中、旭川にやって来ました
久々の遠出でたのしませてもらってますよー
自分たちの演奏は早々と終わって、食べ歩きに飲んだくれ、雨宮は地元の太鼓グループに混じってチャッパの手ほどき。大丈夫かな〜、酔っぱらいなのに!
今日は存分にたのしんでまた明日から芸術祭の準備ガンバるぞー

admin@9:21 PM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive