ワタナベ vs DJ(2008年6月29日)

7月6日の青森・中世の館でのライブの最後のプロモーションのため、一人で青森に来ています。昨日は『日本ボランティア学会』なるものが青森でありました。今回ライブの協力をいただいている方々がそれに関わっているということで、ご挨拶もかねて私も参加させていただきました。夜の懇親会にて、ライブの告知をする時間をいただきました。会場の参加者のみなさんもいい感じに和んでいたので、ここは一発『づっつき節』を歌わせていただくことにしました。そこに居合わせたのはBGMを流していたDJ。私の唄にうまく絡んできてくれましたよ!お客さんの手拍子と唄とDJ。そして踊り出すお客さん。いやー楽しかった!DJと一緒に『づっつき節』をやったら面白いだろうなーなんて思っていましたが、思わぬところで実現しました。
そして、チケットが四枚売れました。

admin@11:42 AM

再会〜シンガポール日記〜(2008年6月27日)

あちこち旅をしていますと、意外なところで知人に会ったり、旧友と再会することが多々あります。私は特別に顔が広い人間ではありませんが、どうもそういう出会いや再会が多いような気がします。公演先で知人に会うことはもちろん、大阪の街中で親戚のおばさんに偶然会ったり、東京の電車の中で弟と偶然同じ車両に乗り合わせたり…。そしてシンガポールでも大学時代の友人に会ってしまいました。彼女は10日前にシンガポールに来たばかりらしく、私がシンガポールに来ることはもちろん、こんな仕事をしてることすら一切知らずにいました。大学卒業以来、10年ぶりの再会。それがシンガポールでとは驚きです。私はこういう再会はきっと何かに導かれているというか、こういう再会や出会いは大切にしたいなーと思っています。あ、その割には彼女の連絡先を聞いてなかった…。名刺は渡してあるので彼女からの連絡を待つことにしましょう。

admin@12:11 AM

シングリシュ(2008年6月26日)

シンガポールでは英語、中国語、マレー語など、いくつもの言語が飛び交っていますが、たいていの人が英語を話します。ところが同じ英語でもシンガポール訛りが入った独特な英語を使います。それを『シングリシュ』というのだ、と現地の人が教えてくれました。
ホテルからライブ会場へ 移動する際、私はスタッフと2人でタクシーに乗りました。運転手さんは何か話しかけて来るのですが、スタッフはなかなか理解出来ない様子。仕方ないので私が少しの間、運転手さんと話していました。
ひとしきり会話が終わったあとで…
スタッフ『いやぁ、すごく訛りの強い英語ですねぇ。』
私『え?今の英語だったの?』
私はそれが英語だとは気付かずに会話をしてたわけです。そうです!私の会話は言語を超えるのであります!

admin@12:20 AM

シンガポール

『飛行機は着陸体勢に入ります』のアナウンスで窓を覗いたとき、私は不意に『水』を感じたのであります。あとから考えると、窓の下に広がる森の濃い緑がそう感じさせたのでありましょうな。ここ数年はヨーロッパに行く機会が多く、飛行機の窓から見えるのはいつも美しい石造りの建物でした。その第一印象に、アジアとヨーロッパの違いを感じました。
年中気温は30℃超え。赤道のすぐそばの国。それがシンガポールです。

admin@12:14 AM

インド(2008年6月23日)

2008062310395000-Image044.jpg

3日間12回の演奏を終えてインド人街にカレーを食べに行きました!
前日食べたペーパーチキンも絶品でしたが、3日目はインド料理をリクエスト。インド人街に向かうと夜市でもあるのか町は人であふれていました。
カレーはほうれん草とマトンとチキン、それにフィッシュヘッドカレーという、魚の頭をまるごと煮込んだカレー。バナナの葉っぱをお皿にいろいろ取り分けて、おなかいっぱい!飲み物はシンガポール唯一の生産物というタイガービール。薄めですが飲みやすく、杯がすすみます。
(あめ)

admin@10:35 AM

今日は暑かった…(2008年6月21日)

2008062120570600-中華.jpg
2008062120570601-シンガポール伊勢丹~00.jpg

地下の食品売り場の入口の外がひのき屋のステージ。後ろが階段状のオープンカフェになっていて昨日は外からの風と中からの冷房で汗が冷えるほどだったのに、今日はものすごく暑かった 昨日よりももっともっと大入りで冷房の威力も押されぎみだったようです。いやあ、ほんと汗をかきまくり。早速ホテルで今日出た大量の洗濯物を洗いまくりました!さっぱり、さっぱり 
さあ、あとは美味しいご飯と冷たいビール!!!
昨日は中華をいただきましたがさて今日は!?行ってきま〜す♪

admin@8:53 PM

ムシムシしてます(2008年6月20日)

2008062015231700-Image032.jpg

明け方、カミナリと共にスコールが
2時間ほどでやんで今は快晴 ムシムシ湿気がすごい。暑がりのあめはウンザリしてます。
午前中はそうでもなかったんだけど、午後になって北海道フェアは満員御礼!すごい人です!!!
いま2回目の演奏が終わったところ。あと2回!先は長いけどがんばるぞ−

admin@3:09 PM

もう着いちゃいました!(2008年6月19日)

シンガポールに到着♪トランジットがないと楽チンです。思ったより暑くなくて安心しました
美味しそうなお店がいっぱい。たのしみです

admin@7:38 PM

再び(2008年6月18日)

2008061819294500-Image029.jpg

羽田空港までやって来ました。今日は成田泊まり。先週より少し涼しいみたいです。
久々のアジアにワクワク たのしみたのしみ♪暑さにやられないように気をつけないと!
湿度90%なんて嘘みたいな情報が…、無事に帰って来れるでしょうか!?
行ってきま〜す

admin@7:25 PM

日本文化

 デュッセルドルフはドイツの中でも特に日本人が多い街です。あまりに普通に日本語が飛び交っているので、自分がどこにいるのかわからなくなるくらいでした。
 さて、そんなデュッセルドルフに日本文化が浸透していることは当然かもしれませんが、なによりも驚いたのは「コスプレ」の若者の多いことでした。ヨーロッパ各地で日本のアニメや漫画が流行っていることは知っていましたが、「コスプレ」までもがこんなに浸透しているとは!ここは秋葉原か?というほどの状況でした。特に今回参加したのが「日本デー」というイベントだっただけに、彼らにとっては甲子園みたいなものなのでしょう。そちらの方には全く興味のない私ではありますが、ふと「これはハロウィンみたいなものなのかも?」という考えが浮かびまして、そう考えたらこのファッションもありなのかもしれないなーなどと思うのでありました。だからといってこのファッションに理解を示した私が、メイドの格好で街を歩くなどということはないかと思いますが・・・。
 日本の文化は着実に世界に浸透しているようです。

admin@1:26 AM

ビアホール

 ドイツと言えばビール!ワタナベと言えばビール!ドイツ訪問で私がビールを味わうことを楽しみにしていたことは言うまでもありません。今回ひのき屋が訪れたデュッセルドルフの地ビールはアルトビールという茶褐色のビール。意外に薄いんだなーというのが第一印象でした。
 デュッセルドルフには偶然にも友人が住んでおります。ストリートミュージシャン仲間の年下の女の子なのですが、出発前に「ユーロが高いからビールおごってくれ!」と言っておいたところ、本当にビアホールでご馳走してくれました。年下の女の子にすらおごらせるという、卑劣極まりない私なのです。彼女に「なんか暖かいスープ飲ませてくれよー」と言うと、いかにもドイツらしい、じゃがいもとソーセージの入ったスープを注文してくれました。それからパンの上にミンチにした生の豚肉を乗せた「メットブラート」という郷土料理も食べました。もちろんソーセージの盛り合わせも食べました。やはり現地のおいしいものは現地の人に教えてもらうのが一番です。他のメンバーとは別行動で、一人抜け駆けしたようなその優越感が、より一層贅沢な気分にさせてくれました。

admin@12:58 AM

デュッセルドルフ(2008年6月17日)

2008061702464600-20080613050116.jpg

ドイツより無事帰国しました。今回行ったデュッセルドルフという街は、偶然にもうちの兄貴が数年間暮らしていた街でした。デュッセルドルフに行くことを知らせると、兄貴は頼みもしないのに街の地図を書いてくれました。その手書きの地図が、なんだかウキウキしているような、昔を懐かしんでいるような、そんな風に見えました。デュッセルドルフに着いて、ホテルにあったパンフレットには街の地図があったけれど、僕はあえて兄貴の走り書きの地図だけを頼りに街を歩いてみました。『兄貴はこの街で暮らしていたんだなー』と思うと、他の国では感じたことのない感慨深い想いがこみ上げてきました。

admin@2:36 AM

ドイツ出国(2008年6月15日)

2008061523083900-Image027.jpg

空港で最後の乾杯。ソーセージパンと一緒に。
そして再びロンドン、ヒースロー空港へ。ロストバゲージしないことを祈りつつ…

admin@11:02 PM

ヤーパンターク(日本デー)

2008061508300500-Image019.jpg
2008061508300501-Image020.jpg
2008061508300502-Image023.jpg

ドイツ最終日はメインイベントの日本デーでライブ。リハーサル中に雨が降ってすごく心配だったけど、ひのき屋の時間は奇跡的に晴れ!昼間の演奏だったけどたくさんのお客さんでとてもよかった。久しぶりにだいほくんとライブができたのもすごく刺激的で新鮮だったなぁ今日だけなのがとても寂しい…
夕方にはパール楽器さんのテントでたいこの体験コーナーを。コスプレのひとたちも大勢集まってほんとおもしろいイベントです。
そしてそして…夜は盆踊りに花火!屋台にはカレーに焼鳥、タコヤキとホント日本の祭がまるごとやって来たといった感じでひと足早く夏祭りを体験してしまいました。しかもドイツでね!
ようやくからだが慣れたと思ったらあしたもう日本に帰ります今回はホント短い。でも帰ったらすぐにシンガポール。台湾以来の二度目のアジア。とてもワクワクしております

admin@8:19 AM

デュッセルドルフは雨模様(2008年6月13日)

2008061317313100-Image012.jpg

ロンドンからの飛行機は30分出発が遅れたけど無事にデュッセルドルフまで到着♪あいにくの雨模様で思いのほか寒い
おまけに!たいこ2つとギター2本が届きませんでした…やっぱりね。
明日の朝までには届くと言われたのですが、今日の朝、演奏会場に着くとたいこは来たのにギターがない!!
仕方がないので急遽ギター抜きでの演奏に。新聞記者やテレビの取材などたくさんのマスコミのひとたちが集まってくれました。
が、みんながみんな自分のやりたいように要望するので現場は大混乱。わたしは見知らぬ美女にたいこを教えろと言われ教えていたら「カメラに目線が欲しい!!」と。とんだヤラセ写真がいっぱい誕生してました。記事がちょっとたのしみ。
午後は市内の日本人学校で4年生から6年生までの200人のこどもたちの前で演奏とワークショップ。普通に日本語が行き交う光景にここがどこだかわからなくなる不思議な気持ちになっちゃいました。
ホテルに帰ってようやく念願のアルトビール!!ドイツ対クロアチアのサッカーの試合があったので、どこもかしこもビール片手にテレビで試合観戦。駅の放送で試合結果が流れるほどこちらのサッカー熱はすごいです
あしたはオフなので今日の夜はのんびり。お天気だけが心配です。

admin@5:30 PM

ロンドンヒースロー空港(2008年6月12日)

2008061200164100-Image002.jpgドイツに行くのにイギリスまで来てしまいました。ここからデュッセルドルフまで乗り継ぎです
到着まであともう少し!とりあえずここまではみんな元気です♪

admin@12:06 AM

東京(2008年6月10日)

明日の朝、成田空港からドイツに向かいます。そんなわけで先ほど東京に到着し、今は成田空港に向かうバスの中です。羽田空港前で『秋葉原行き』のバスを見かけ、ふとここが東京であることに気付きました。東京に来るたび、いつもそんな感覚に陥ります。今朝テレビで見ていた東京に、今自分がいるというのがなんだか不思議でなりません。東京と私との距離は、何度来ても縮まらないみたいです。

admin@8:11 PM

♪芸術ホールライブ写真♪(2008年6月6日)

照明のイトウさんから写真が届いたので、ちょこっと紹介。
ほんとたのしいライブでした。
函館ではほぼ初となる単独ホールライブ。
休憩を挟んだとはいえ、計20曲2時間半の長丁場で大盛り上がりの一日になりました。
芸術祭のキックオフライブということで30名を超すスタッフの方々にお手伝いいただき、8月に向けて良いスタートがきれました。
スポンサーパスがこの日一日で100枚も売れたんですよー
新譜もたくさん買ってもらってすっごくうれしかったです♪
ありがとう**
20080613-01.jpg
500人近いお客さんが!
ステージにも熱気が伝わって来ました♪
たのしかったなぁ。
20080613-02.jpg
「らせん階段」では、バックに写真を使ってみました。
照明とのコラボも美しい・・・
照明のイトウさんは、いつも海外ツアーに同行してくれています。
夏の芸術祭でも腕を振るってくれそうです。おたのしみに!

admin@5:48 PM

ライブ報告はしまだに任せて…(2008年6月2日)

掲示板にメンバーのしまだが『ライブ報告はブログの方でゆっくりと…』と書いていたので、それはしまだに任せるとしまして。
小樽でのライブのあと、ワタナベ・雨宮コンビは保育園でのワークショップのため、トラックで旭川に向かいました。本日、いつものように保育園で子どもたちと騒いだあと、今度はワタナベは打ち合わせのためにバスで遠軽町に向かってます。
そして今、バスの故障のため寂しげな町外れにぽつり、と…。運転手さんが『代車が到着するまでしばらくお待ち下さい』と言ってます。こっちは大事な打ち合わせがあるのよ!とイライラしてもどうしようもないので、まずはこの後の対応を考えることにします。
トラブリング・バンド。

admin@7:20 PM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive