サクラ満開!(2008年4月29日)

サクラ満開の五稜郭公園にて、ひのき屋は恒例のお花見ライブを決行いたしました。恒例…といってもここ数年はベイエリアでのお花見ライブが多く、五稜郭公園でのライブは数年ぶりでした。やや肌寒いとはいえサクラ満開の五稜郭公園はさすがの混雑具合。そこらじゅうがジンギスカンの匂いに包まれていました。ひのき屋の今日の演奏場所はそんな『ジンギスカンエリア』から少し離れた広場。散歩途中の人や親子連れを中心に人だかりが出来、とっても楽しいライブになりました。やっぱりこういうストリートライブが一番好きだな、と改めて思う私でありました。
予告
次のお花見ライブは5月3日ベイエリア 4日元町公園 5日ベイエリアです。雨天中止。

admin@3:25 PM

豊富町(とよとみちょう)(2008年4月28日)

 稚内から南に30分ほど。豊富町(とよとみちょう)という町があります。ひのき屋は数年前、この町の中学生を対象としたライブをやったことがあります。この町の何がすごいって、そりゃ温泉ですよ。全国各地旅をして、空き日には必ずその町の温泉に行く我々ですが、豊富温泉は世界に誇れる温泉だと私は言ってしまいましょう。とにかく石油の中に入っているんじゃないかってくらい、石油の臭いが漂ってきます。何だかわかりませんが「こりゃ絶対身体がよくなるでしょ!」って感じ。そして風呂上りのポカポカ具合も最高!やはり全国からアトピーなどの肌に問題を抱えた方々が湯治に来るようです。温泉街は豊富の町からちょっと外れたところにあり、途中の道路には街灯も少ないので、夜などは道を間違えたんじゃないかと不安になります。
「豊富温泉」
http://www.town.toyotomi.hokkaido.jp/web/PD_Cont.nsf/0/24E475104658A15849256E17002A6FC2?OpenDocument

admin@10:26 AM

忘れてた。(2008年4月24日)

先日の土曜の夜の音楽会。いつもであれば小さなカフェでのライブの場合、ウィスキーなんぞを嗜みながら、ほろ酔いでライブにむかう私でありますが、この日は慣れない曲が多かったため、飲まないように、あえて車で会場に行きました。しかし、久しぶりのライブだったため、ひとつだけ忘れていたことがありました。それは『ライブのあと、アルコールの入らない私はテンションが急降下すること』。いつもはライブ後に急降下していくテンションを、アルコールによって無理やり持ち上げ、上がってしまえばそのテンションはどこまでも!という私なのです。この日はやはりライブ後のテンションは急降下し、帰りの車のスピードも時速30〜40キロと、のろのろ運転の帰り道となりました。私の場合、自分のテンションと車のスピードは見事に連結しているのです。

admin@7:36 AM

お手紙(2008年4月22日)

 見かけによらず昔から手紙を書くのが好きな私でありまして、学生時代などは初めてのゼミの自己紹介で「趣味は文通です。」と真顔で話して大笑いされたものでした。
 さてさて、5月16日の函館市芸術ホールを皮切りにひのき屋のライブツアーが始まります。私は主に旭川、稚内、青森の告知活動を担当していて、先週あたりから過去にライブに来てくれたお客さんを中心にライブチラシを郵送させていただいています。その中に手書きのお手紙を入れさせていただきました。実に乱文乱筆ではありますが、今年10周年を迎えたひのき屋をもう一度見てもらいたいという思いで書かせていただきました。少しでもひのき屋を身近に感じていただけたらうれしいな、と思います。
春のツアー 詳細はこちら。
http://www.hinokiya.com/info/20080410.html

admin@9:53 PM

土曜の夜の音楽会30 終わりました!(2008年4月21日)

 2008年度最初のライブ、「土曜の夜の音楽会」が終了いたしました。函館市内はもちろん、深川や帯広、遠くは神戸からもやってきたお客さんもいて、会場ギューギュー詰めのライブになりました。今回は「ひのき屋10周年ファン感謝祭」などと銘打ちまして、懐かしの映像や写真がステージうしろのスクリーン(せいきょうで買った白シーツ)に映し出され、懐かしいやら恥ずかしいやら。今回のライブ限定の楽しみとして、今ではすっかりやらなくなった曲「したっけ囃子」を演奏したり、メンバーが一人一曲ずつ用意して演奏するなど、やや不安を抱えつつも感謝祭らしい内容でお届けしました。10年前から応援してくれている人、最近ひのき屋を知った人、また、初めてひのき屋を見る人などが入り乱れ、結成初期の頃を思い出すようなアットホームなライブとなりました。次回は5月16日(金)の函館市芸術ホールで会いましょう!そしてそれを皮切りに旭川、稚内、利尻、青森へ。今年もひのき屋の旅が始まります。
追伸:
ずっと立ち見だったお客さん。ごめんなさい。

admin@10:34 AM

青森(2008年4月11日)

この週末。私、ワタナベは一人青森で過ごします。7月に青森でのライブが決定しているので、今回はその打ち合わせや告知のための青森入りです。今回もまた面白い出会いがありそうです。

admin@12:42 AM

春です!(2008年4月8日)

4月になって、函館にもいよいよ春がやってきた様子。街のあちらこちらでタイヤ交換をしている人を見かけます。そんな函館を離れ、私は先週北に向かって一人、旅に出かけました。5月16日の函館を皮切りに、18日鷹栖、20日利尻、22日稚内と小さなライブツアーがあります。そのライブを成功させるべく、私は旭川・稚内へと出かけていったわけであります。同じ北海道でもやっぱり北は寒い!街の外れにはまだ雪が残っていたりもしました。そう考えるとやはり函館は北海道の南国だなーなどと思うわけであります。今年の函館の桜開花予想は4月25日。ちょうどゴールデンウィークには満開の桜が見られるでしょうか。例年ゴールデンウィークのひのき屋は函館の観光地にて「お花見大道芸」と称したストリートライブをやっています。どうぞゴールデンウィークには函館へ!

admin@11:02 AM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive