ひのき屋旅日記 ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボ編(後)(2007年8月3日)

サラエボではやはり戦争の傷跡がどうしても目に付く。あらゆる建物に銃弾の跡が残っているのだ。しかし、そんな街で人々は当たり前に生きている。実際、私自身もほんの数時間でそんな街の風景にも慣れ、当たり前に街を歩いていた。人がいい。治安もいい。のんびりと流れる時間がいい。戦争の傷跡と平和が共存するサラエボこそ、今、日本人が訪れるべき街ではないだろうかと思ってしまう。

(more…)

admin@10:27 AM

ひのき屋旅日記 ボスニア・ヘルツェゴビナ サラエボ編(前)(2007年8月2日)

旅の最終地、ボスニア・ヘルツェゴビナに到着する。ボスニア・ヘルツェゴビナといえばどうしても戦争のイメージがまっさきに浮かんでくる。旅のガイドブックを見ても「未だ地雷の撤去がすすんでいない」とか「ドクロの看板は地雷注意」だとか、なかなか明るい情報は見つからない。だからこそ、私たちが行って実際に見てくる必要があるのだ。

(more…)

admin@4:02 PM

ひのき屋旅日記 クロアチア・ザグレブ編(2007年8月1日)

5年前、ひのき屋はクロアチアでの民俗音楽やダンスのフェスティバルに招かれてやって来た。参加したそれぞれの国の民族衣装をまとった人たちがステージを彩る。国の違い、民族の違いがとっても面白く、何よりもステージ後、宿舎の前で毎晩繰り広げられた大宴会が忘れられない。クロアチアは音楽の楽しさ、そして国を超えた交流の楽しさを教えてくれたとっても大切な国だ。

(more…)

admin@5:29 PM

上に戻る

コーヒー豆とこいのぼり
コーヒー豆とこいのぼり
ひのき屋2年ぶりの新譜「コーヒー豆とこいのぼり」。 昨年12月のブラジルツアーの模様をそのまま詰め込んだ、 フォークダンスにワタナベソング、しまだの唄にソガの笛ものと、 ひのき屋ライブの美味しいところをぎゅぎゅっと詰め込んだ最高の 一品ができあがりました!最新のアレンジで、最新のひのき屋を。 ぜひ、お試しあれ!

プラタナスの樹
『プラタナスの樹』好評発売中!
『プラタナスの樹』(文・原子禅、写真・江本秀幸、監修・ひのき屋)は、ひのき屋の活動を1冊にまとめた本です。原子禅(代表作・『旭山動物園のつくり方』)の入念な取材と、江本秀幸(日本写真家協会会員)の美しい写真により、ドキュメンタリータッチで描かれています。

amazon

Archive


Warning: file_get_contents(http://api.hakolab.net/mobile_ip_check/?ip=54.227.127.109): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 500 Internal Server Error in /home/sites/heteml/users/h/i/t/hitococochi/web/html_hinokiya/news/wp-content/themes/classic/footer.php on line 56